クレジットカードを上手に使い分ける

社会人であれば複数のクレジットカードを持っているのは普通でしょうし、人によっては何十枚ものカードを持っている人もいるでしょう。クレジットカードを上手に使うためには、違うブランドのカード使い分けることも重要だと言えます。例えば、特定のブランドのカードで買い物をすれば、他のブランドのカードよりも、ポイントが2倍や3倍多くもらえるケースも多いです。あるいは、公共料金をカードで支払う場合でも、カードの種類によって得られるポイントも違ったりするわけです。あとは、ホテルの予約にしても、ネット通販の利用にしても、特定のブランドのカードだけポイント付与が優遇されているケースは多いですから、それに該当するカードを持っているのであれば、積極的に使っていくようにしましょう。長い目で見れば、何万円もの差が出てくるわけです。

クレジットカードの支払方法

クレジットカードはどこでも使えるようになっていますので、国内はもちろん海外でもカードで買い物をする事が出来るようになっています。カードでは買い物をすると翌々月に支払うようになりますが、その支払方法にはいくつかの方法がありますので選ぶことが出来ます。まず一番利用が多いのは一回払いというものになり、買ったものが高いものでなければ一回で支払うということが多いでしょう。次に少し高いものを買った場合には二回払いというのがあるので、二回分に分けて支払うことが出来る方法になります。また他にも高額なものであれば30回以上の分割払いというのがあるので、分割で支払うことで毎月少しずつ払うことが出来る方法です。そしてクレジットカードではボーナス払いというのもあり、夏や冬のボーナス時にボーナスで支払いが出来るようになります。

クレジットカード審査における、最低基準とは

クレジットカードを申込みしたいという事であれば、審査の最低基準を把握しておかなくてはいけません。何故かと申しますと、審査の方法はどこの会社でも一緒になりますので、この会社ではダメだったけれど、あの会社なら大丈夫かもしれないといった事は、まずあり得ません。また、色々な会社に申込みをしてしまいますと、その行為が原因で審査に通らなくなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。では、クレジットカード審査における、最低基準とは一体何なのでしょうか。それは、信用情報に、事故の情報が無いかという事です。事故の情報とは、延滞の情報という事です。1度や2度であれば、誰しもお金を入れ忘れてしまったという事で、延滞をする事もあるでしょう。ですが、あきらかに故意に、何度も何ヶ月にわたって滞納をしているようですと、何処の会社に申込みをしても、審査に通らない可能性がありますので、気をつけましょう。